FC2ブログ
Εν Θεός | 宗教哲学 | 物語 絵コンテ 作曲 | ジジェク・ドゥルーズ  認知論 | 戦略 | 数学・物理 English | 脳 pneuma
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
漫画家・佐藤秀峰氏「著作権非親告罪化とか自炊代行訴訟とか違法ダウン刑罰化とか全部くだらない。誰にも作品を見せたくないなら大事に箱にしまって鍵をかけとけばいい」
2013-03-15 Fri 16:09
http://ch.nicovideo.jp/shuhosato/blomaga/ar157885


漫画家や出版社はお金のない子供たちから漫画を取り上げて何がしたいんだろう?

例えば、僕の描いた漫画が単行本化され、書店の棚に置かれていたして、それは僕の本じゃありません。

著作権は僕にあるけど、本自体は出版社の商品であって、所有権は出版社にあります。
出版社の本です。
それは僕の著作本ではあるかもしれないけれど、お金を出して買わないと僕の本にはならない。
同じように、お客さんは本を購入することで、その所有権を手に入れる。
あなたがお金を出して買った本はあなたの物になるけど、「あなたの物」というのは所有権を指している言葉で、そこに印刷されている内容、著作権までがあなたの物になったことにはならない。
だから、あなたの本であっても、それを個人的に楽しむ以外は印刷されている内容を無断でコピーして販売したり、アニメ化したり小説にして発表していけない。

そんなお話をしたかな?

「では二次創作同人誌を作るのは違法なのか?」という話になり、二次創作はどこまで認められるべきか一緒に考えたり、果てはTPPにおける著作権侵害の非親告罪化をどう思うかなど、いろんなことを話し合いました。
どうしたら分かりやすく伝えられるのか、自分は言葉を持っていないのだなぁと反省したり。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 |  未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<佐藤 秀峰(さとう しゅうほう) | -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS | ニコ動の人気歌い手と世界の有名プロを比較してみた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。