FC2ブログ
Εν Θεός | 宗教哲学 | 物語 絵コンテ 作曲 | ジジェク・ドゥルーズ  認知論 | 戦略 | 数学・物理 English | 脳 pneuma
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
高校講座の英語にthe HIATUSの細美武士さん 2012/02/28
2013-05-02 Thu 21:42

高卒認定(大検)を取って、神田外語大学に入学し、
卒業後にアメリカでプログラミングの仕事に就いていたthe HIATUSの細美武士さん。

音楽を始めたきっかけや、日本人なのになぜ英語の歌を歌うのか、
どうやって英語を勉強してきたのかなどについて質問。




子供のころ海外へいったことはなかったが、
洋画が大きな影響、洋画を英語で見ていた。
●好きな映画を20回みる。
最初は聞き取れない、英語で聞き取れるようになる。


●プログラマ時代、アメリカ人の彼女。

英語で歌うのが自然。
子音と母音がセットになっていない英語。
英語の曲を聴いていた。
詩を書くとき、同じながさで、日本語より英語の方が
同じ音節数で、三倍の意味を込めることができる。

日本語では心情描写しかできない。
英語では状況描写もできる。

●積み重ねが大切。
ギターも英語も毎日つづける。一日サボルと三日後退する。
こつこつ数年続ける。


●英語が少し喋れれば世界中を一人で旅できる。
ホテルの予約、駅の位置、案内してもらえる。


●将来なにができるようになりたいか、が見えていないと頭に入らない。

●旅、バックパッカー



関連記事
スポンサーサイト
別窓 |  未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ステンレス鍋の『コゲ』落とし方 | -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS | 京都市中央図書館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。