FC2ブログ
Εν Θεός | 宗教哲学 | 物語 絵コンテ 作曲 | ジジェク・ドゥルーズ  認知論 | 戦略 | 数学・物理 English | 脳 pneuma
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アレグラ(Allegra)
2013-05-13 Mon 20:18
フェキソフェナジン(fexofenadine)は、フランスのサノフィ[1]が創製した、アレルギー性疾患治療剤である。塩酸塩がアレグラ(Allegra)の商品名で市販されている。



日本では一錠中に塩酸フェキソフェナジンを30mg含有するアレグラ錠30mgと60mg含有するアレグラ錠60mgが発売されており、当該薬剤は指定医薬品・処方箋医薬品である。 アレグラは、同社の主力商品の一つであり、クラリチン(ロラタジン、2002年日本発売)やジルテック(塩酸セチリジン、1998年日本発売)などと並び、世界で最も消費されている第二世代抗ヒスタミン薬の一つである。



適応症

塩酸フェキソフェナジンは、アレルギー性鼻炎(→花粉症)・蕁麻疹・皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚掻痒症、アトピー性皮膚炎)に伴う掻痒に対し、その効能・効果が認められている。



主な特徴・副作用

副作用として眠気があらわれることが少なく、眠気の発現頻度がプラセボと比較しても有意な差が認められない点である。しかしながら承認時の国内のみのデータでは眠気発現率は8%程である。日本で承認されている抗ヒスタミン薬のうち、添付文書の重要な基本的注意の箇所に眠気を催すことがある旨のないものは、現在のところ塩酸フェキソフェナジンとロラタジンに限られている。
テルフェナジン(後項)由来の心毒性は無くなったが、テルフェナジンと同様に薬物代謝酵素が競合する薬剤(一部の抗生剤など)を服用した場合、肝障害が起きる可能性が否定できないので併用薬に注意する医師・薬剤師もいる(この製品に併用禁忌薬はない)。
また、大衆薬のほとんどの胃薬に制酸剤として含まれる水酸化マグネシウム・水酸化アルミニウムなどと同時に服用すると、フェキソフェナジンの効果が減弱することがある他、グレープフルーツジュース類との同時服用では血中濃度の上昇がみられるので、時間を空けて服用するのが望ましいとされる。
(実際の服用には医師・薬剤師の指示に従うこと。)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AD%E3%82%BD%E3
%83%95%E3%82%A7%E3%83%8A%E3%82%B8%E3%83%B3
関連記事
スポンサーサイト
別窓 |  未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<トラフィカ京カード | -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS | カルロロッシ_スパークリング_ロゼ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| -EN-THEOS- 外部記憶装置/MEMETICS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。